サポート

パフォーマンスデータを視覚化する  (ビデオ解説)

パフォーマンスデータを視覚化する 【初級】

目的:チーム全員にアプローチするため、パフォーマンスデータを視覚化します。

Written by Mark Zeman

チームメンバーにパフォーマンスへの関心を向けさせる

できるだけ多くメンバーに認識を得てもらうために、パフォーマンスデータを視覚化し、それぞれの業務において、ユーザーエクスペリエンスに及ぼす影響を理解できるようにします。パフォーマンスデータを視覚化すれば、チーム内のパフォーマンス問題の理解に影響を与えるでしょう。


本プレゼンテーションでは、データの視覚化の重要性が増しため、フロントエンドのパフォーマンス分析において主流の(古典的な)ウォーターフォールチャートを再考してみます。

ウォーターフォールチャートは、各アセットの詳細とウェブページの読み込み時間において、累積的にどのように影響するかを示します。ヒストグラム、フレームチャート、ヒートマップ、フリークエンシーテール、コロニーグラフなど、パフォーマンスを視覚化する方法はたくさんあります。

チャートにはさまざまなタイプがあり、その長所と短所、適性、スピーディで高いレベルの回答を求めるマネージャーと、詳細を掘り下げる必要がある開発者の両方から、パフォーマンスに関する質問に答えながら探求します 。
パフォーマンスに関する質問を受け、それらに対する最善のツールやメトリック、視覚化を見つけることは、既存のメトリックの問題や回答を推測するよりも重要です。

従来のチャートのレンダリングでは、表示される情報の量が制限され、重要な詳細が隠れてしまうことがあります。 奥行きとアニメーション、インタラクションを導入して、パフォーマンス障害とその実態を詳細レベルで明らかにする、新しいビジュアライゼーションをご紹介します。

これらのビジュアライゼーションは、最新のブラウザー技術を最大限に活用し、多くの相互作用を可能にしてパフォーマンスを視覚化し、その有力性を実証します。データ視覚化により、パフォーマンスについての有意義な会話が、チームに対してどのように関わるかを試してみてください。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA