料金

時系列計測ツール

SpeedCurve(スピードカーブ)の利用料

1.初期設定費   15万円

・お客様用のアカウント発行、管理画面の準備、競合他社のベンチマーク設定、使い方のレクチャーを行います。

2.シンセティック(合成)テスト

Check数

10,000まで

50,000まで

100,000まで

SpeedCurve
605,000
864,000
1,728,000
安心パック
360,000
360,000
360,000
年間合計
965,000
1,224,000
2,088,000
月額参考
80,417
102,000
174,000

2.LUX(RUM=リアルタイム・ユーザーモニタリング)

check数

check数

RUM
500万
1000万
シンセティック
25,000
50,000
年間費用
1,159,200
2,318,400
安心パック
480,000
480,000
月額参考
136,600
233,200

安心パックについて(SpeedCurve標準パック)月額3万円~

1)サポート

・親切ていねいな日本語によるサポートが可能です。

・10-18時でのメール対応

・コアウェブバイタル対策やRUMなど新機能のご案内をしています。

・公式認定パートナーとして、本国直結のインテグレーションなどのサポートが可能です。

2)日本語マニュアル

・最新の日本語操作マニュアルを提供しています。

3)勉強会

・表示スピード改善、活用方法についてのセミナーに無料でご招待します。

・Web表示スピード研究会に参加できます。https://www.wpojp.com/

4)Web表示スピードの調査データ

 Webスピード研究会の調査分析レポートの無償提供(定価15万円)


コンサルティングサービス

■ 遅延原因の追及調査

遅延原因を特定するために、SpeedCurveなどのツールを利用して、遅延の原因を特定し、解決アプローチ優先順位をアドバイスします。問題の根本解決のためには、Webの健康診断は不可欠です。40万円〜

■ パフォーマンス改善メニュー

パフォーマンスエバンジェリストが、貴社の状況に併せて、的確な改善策をプラニング、実行の支援、外部パートナーとの調整、不明だった技術的な事項の整理などを行います。 3ヶ月〜

■ パフォーマンス・コーディング

描画が始まるまでのStart Renderが遅延する原因の多くが、JavaScript およびCSSのブロックです。無駄やロスを見直し、修正または新しくコーディングをやり直します。結果、描画の開始時間を短縮し、StartRenderの短縮を図ります。 ※詳細の内容についてはお問い合わせください。

■ サードパーティ・コテンツの整理

サードパーティタグの除去、不要タグの除去整理による高速化支援。およびGTMへのタグの整理設置・運用管理などをお手伝いします。

■ 制作ガイドライン策定

画像のフォーマットの種類、ファイルの容量、リクエスト数、納品・検証ルールなどの制作ガイドラインを策定します。制作ガイドラインを整備することで、改善スピードを高め、安定的な状態を維持し、リバウンドを防ぎます。詳細についてはお問い合わせください。

■ パフォーマンスカルチャーの育成

担当者だけでなく、社内チーム、外部スタッフ、しいては経営層にまで理解を深めることが重要です。そのためのパフォーマンスカルチャーの育成をお手伝いします。※詳細についてはお問い合わせください。