サポート

テレビモードを使ってオフィス内のモニターへ映す

テレビモードとグラフのサイズ

Mark Zeman

2019年3月6日水曜日

SpeedCurveには、さまざまなチャートサイズとスペシャルTVモードが用意されており、組織内でパフォーマンス文化を構築するのに役立ちます。

SpeedCurveは当初から大画面での表示を重視して設計されていた。SpeedCurveは単にWebパフォーマンスをデバッグするためのツールではなく、Webパフォーマンスの重要性を組織にアピールするコミュニケーションツールだと考えています。

SpeedCurveは、開発、設計、および管理の各チームを統合し、製品をユーザーにとって高速で楽しいエクスペリエンスに変えることに全員が注力しています。

 

グラフのサイズ

各ダッシュボードの右上にあるドロップダウンで、3種類のグラフ・サイズを切り替えることができます。表示される情報の量は、グラフのサイズに基づいて調整されます。ダッシュボード内のトレンドの概要を示す小さなチャートが表示されます。サイズが大きいほど、詳細情報とメトリックが表示されます。

テレビモード

同じドロップダウンでTVモードを切り替えることもでき、SpeedCurveナビゲーションをオフにしてチャートだけに集中することができる。お気に入りのグラフをオフィスのモニターに表示するのに最適です。(プロのヒント:多くの企業顧客がこれを行っています。)これは、パフォーマンスパジェットを可視化し、組織内にパフォーマンス文化を構築するのに役立つ優れた戦略です。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA