サポート

First Input Delayはユーザーの反応にどう影響するか?

2018年6月14日木曜日

 Steve Souders

SpeedCurve RUMである「LUX」サービスの一部としてFirst Input Delayメトリックが利用可能になったことをお知らせします。

First Input Delay(FID)は、ウェブサイトがユーザー反応にどのくらい速く対応できるか把握するためにGoogleが開発したものです。内容はかなりシンプルで、クリック、マウスダウン、キーダウン、ポインタダウン、タッチスタートのためのイベントハンドラーを追加しました。  ユーザーが最初にアクセスしてから実際にイベントが発生し、イベントハンドラを呼び出されるまでの時間を測定します。このデルタがFIDです。

多くのウェブサイトでは、FIDはとても速いです。上記のWebPageTestのFIDチャートでは、FID中央値がわずか3msであることがわかります。しかし、95パーセンタイル値では30msです。(ライブダッシュボードを見るには、グラフをクリックしてください)これは、レスポンスが遅くなり、 Long Taskを定義する50msの間隔に近づいている状態です。これらの問題を相互に関連付けるために、私たちはFIDチャートの下にLong Tasks chartを表示します。FIDに加えて、ユーザーがクリック、キー、またはスクロールするまでの時間を明らかにする相互作用の指標を表示します。

FID、ロング・タスク、対話メトリックを組み合わせることで、ページ上のJavaScriptがCPUを占有し、ユーザー・エクスペリエンスにどのような影響を与えるかを把握することができます。FIDは(合成テストには対話するユーザーがいないため)RUMでのみ使用できます。RUMをまだ使用していない場合は、LUXの無料トライアルを開始して、ウェブサイトからこれらのメトリックを確認してください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。