サポート

パフォーマンスとデザインの関係

パフォーマンスとデザインの関係

目的:

Steve Souders 2015年3月24日

 

SpeedCurveが、マーク・ゼマンの目に止まったとき、彼は私にコンタクトして、コンセプトを語り、私はWebpageテストの商用版の必要性を彼に説きました。初期のSpeedCurveを見た時、私はぶっ飛んだのです。マークは伝統的なパフォーマンスデータをより説得力あるやり方で示しました。また彼の強いデザインバックグランドを披露しました。

 

マークはパフォーマンスとデザインがオーバーラップするこの世界のパイオニアです。オーバーラップとはエキサイティングです。デザイナーとパフォーマンスエンジニアの間には多くの問答がありました。問答が起こったとき、誰もなんの根拠も与えたくないと、敵意を感じることがありす。しかもデザイナーとパフォーマンスエンジニアは、結局のところ、よいユーザーエキスペリエンスを生み出すというところでは同じです。

 

デザインとパフォーマンスは、陰と陽のようにつながっています。 彼らは反対の力ではなく、お互いを補完します。 ユーザーは、豊かで速い経験を求めています。 トリックはそれをどうやるかを考え出すことです。 それがSpeedCurveが登場する場面です。

 

 SpeedCurveはデザインとパフォーマンスの相互作用の計測にフォーカスしています。 SpeedCurveは、リソースのダウンロードに焦点を当てた典型的なパフォーマンス指標ではなく、次のようなユーザーエクスペリエンスにより密接につながるメトリックとビジュアリぜーションに重点を置いています。

  • さまざまなビューポート、方向、接続速度でレンダリングしたページを示すレスポンシブなデザインダッシュボード
  • カスタムメトリックーーユーザー対して重大と判断した計測
  • 自社サイトにサードパーティのコンテンツが与える影響
  • パフォーマンス予算に追求してるかどうか

私は10年以上にわたりパフォーマンスに取り組んでおり、多くの変化を目の当たりにしてきました。 私はデザインとパフォーマンスをより緊密に結びつける今の動きを歓迎しています。 最終的には、最も重要なこと「ユーザーにとって最高のWebエクスペリエンス」をもたらすことです。

 

マークと私は、のしっかりしたデザイン背景、パフォーマンスは私で、ともに働く良いチームです。 今日では、設計の見直しと多くの新機能を追加してサイトをリニューアルしました。 (既存顧客のコストを下げる、有料のpay-as-you-goプラン)。SpeedCurveを試してみて、ユーザーが何を体験しているか、よりリッチで速いという経験を生み出す方法を理解するのに役立つことを願っています。

 

SpeedCurveのSteveとMarkがニュージーランドで再出発。

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA