サポート

計測時間の設定について: シンセティック(合成)テストの場合

計測時間の設定について: シンセティック(合成)テストの場合 【中級】

目的:各URLページのテスト時間の設定方法・カスタマイズ方法

Written by Tammy Everts

 

SpeedCurve(スピードカーブ)のSyntheticユーザーが、日々見ているテスト結果の数が、設定したテスト数と一致しない理由を尋ねることがあります。これはテスト時間を設定する最初のステップは完了しているが、2番目のステップが完了していないことが原因です。


2段階のプロセスである理由は、各テストの設定をカスタマイズできるようにするためです。 たとえば、自分のサイトを1日3回テストしており、結果を比較するために競合他社のサイトをテストする場合に、1日1回のみ競合他社をテストしたい場合に利用することができます。これは、毎月の合成チェック数を管理するのに役立ちます。

ここでは、テストアカウントを使用して方法をお見せします。
最初のステップは、「Setting」ページでテスト時間の選択肢を作成することです。 ここでは、11:00と17:00を追加したことがわかります。(必要な分だけテスト時間を追加できます。この時点ではテスト時間の選択肢を作成しているだけということに注意してください)。

 

次のステップでは、個々のサイトを開いて。それぞれのテスト時間をカスタマイズします。「Setting」ページの上部に移動し、テストしているサイトをクリックします。 ここでは「Steve」のウェブサイトを追加したことがわかります。

「TAMMYEVERTS」というサイトをクリックすると、そのサイトに対してカスタマイズできるテストオプションのメニューが開きます。 このメニューの下部には、時間オプションの選択が表示されます。 このケースでは、「All Times」を選択しました。つまり、設定で作成したすべての時間にこのURLがテストされます。

「All Times」の選択を解除すると、時間オプションの全てのメニューが表示されます。 それからテストの方法を選択することができます。ベンチマークのサイトに対しては、回数を分ける場合に便利です。

 

すべてのオプションの選択を解除すると、このサイトのテストが一時停止されます。

当然ですが、「Save」ボタンを押して設定を保存することを忘れないでください。

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA