サービス

『いきなりフルスピード』

Webサイトの表示スピード改善ならお任せください!

あらゆるWebサイトの表示スピードを安全、 簡単に高速化し、 PageSpeed Insightsのスコアも改善します。

本サービスの目的

本サービスは、次の2つを目的としています。

  1. 結果をすぐに求められるお客様に対して「即時対応」
  2. 継続的な改善計画がやりやすいデータの提供

従来のサービスは、画像の圧縮だったり、CDNによるキャッシュ対応でした。
本サービスは、「Cloudflare(クラウドフレア)」というCDNを活用し、各過程の処理(DNS、画像リサイズ、CSSの圧縮、キャッシュ)を高速化します。

『いきなりフルスピード』なら自動で高速化が可能です。

web担当者が工数をかけることなくPageSpeedinsightsのスコアを改善

  • 特徴1

    デバイス毎に画像を自動で最適化(軽量化)し、ページのレンダリングを高速化

  • 特徴2

    画像のメタデータ(日付と時刻等)を除去することによって画像ファイル容量を減少

  • 特徴3

    CSS/Javascript/HTMLなどのソースコードのファイルサイズも自動圧縮

  • 特徴4

    ネットワークレベルでの動的コンテンツ最適化(Web Objectに対して99.6%)

  • 特徴5

    世界最速のDNS(世界シェア39%)

『SpeedCurve』

表示スピード計測からボトルネックが判明!

表示スピードの改善は、WEBサイト・プロモーション担当者にとって、ROIを上げ、売上げを向上に直結します。

本サービスの目的

本サービスは、次の2つを目的としています。

  1. WEBサイトのスピード改善を目的とした、パフォーマンス計測
  2. 継続的な改善計画がやりやすいデータの提供

SpeedCurveは、一般的に使用されているGoogle Page Speed Insightsを開発したスティーブ・サウダーズ氏が立ち上げたサービスで、Syntheticと呼ばれる合成モニタリング、RUM(RealtimeUser Monitoring)という実測を行う2つの機能があり、Syntheticのメリットは正確性であり、Webサイト経由で計測しているため、サードパーティの影響もチェックできます。

『SpeedCurve』なら時系列に計測することが可能で、感覚的に状況を把握しやすくなります。

事前に設定を行うことで、週末や夜間アクセス集中時間(繁忙期)の計測も自動で計測が可能

  • 特徴1

    パフォーマンス計測

  • 特徴2

    時系列の計測を定期的に行うことが可能

  • 特徴3

    どの要素に問題があるかをアラート通知

  • 特徴4

    スマホ、タブレット、PCまでフィルムストリップやグラフで、状態を把握

  • 特徴5

    競合他社との比較が可能

  • 特徴6

    サードパーティタグの計測が可能

>サイトが重い、ファーストビューが速く表示されないこんなお悩み、ご相談ください。

サイトが重い、ファーストビューが速く表示されないこんなお悩み、ご相談ください。

03−3524−4680
平日10:00-18:00