サポート

複数チームと複数ユーザーの使い方

複数チームと複数ユーザーの使い方

目的:各チーム、代理店などのチームで使い方について解説します。

Mark Zeman

タフなチャレンジの1つは、SpeedCurveを異なるレイヤーを簡単に書き出すことでした。しかし、UIは直感的で使いやすいものでなければなりません!

SpeedCurveには、「組織」と「チーム」の構造が導入され、新しいアカウントを設定する際の柔軟性が大幅に向上しています。

 

エンタープライズプランを使用する大規模な組織や代理店では、複数のチームを追加できるようになりました。課金と予算は組織レベルで保たれ、コスト管理が容易になりました。またSpeedCurve は、新しいチームに対してプロジェクト監視機能を提供します。

代理店であれば、チームの考えをクライアントに提案することができます。この機能はそれぞれのクライアントのダッシュボートを独立させつつ、一方で、組織に属しているならば、新しいメニューを利用して、簡単にデータを交換させることができます。各クライアントはダッシュボードにアクセスできるだけでなく、ダッシュボードを通じてブラウズすることもできます。

 

ユーザーはチーム参加に招待され、そのビューをコントロールしたり、SpeedCurveのダッシュボードの見え方をコントロールしたり、権限を編集したりできます。 ユーザーは複数のチームや複数の組織に所属することができます。

また、ダッシュボード共有リンクを追加して、誰かに読み取り専用プライベートURL(ログインしで閲覧できる)を送信したり、ユーザーをチームに招待することができます。

ここではアカウントの構造と機能について説明しました。エンタープライズプランをご利用の場合は、今すぐこれらの機能にアクセスできます。

次のプランとして、監視されている各サイトに対して、より詳細な設定UIを再設計をまでお待ちください。

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA