サポート

Lighthouse(ライトハウス)で、サイト評価を分析する

Lighthouse(ライトハウス)で、サイト評価を分析する【初級】

新しいダッシュボードは、URLの集計を元にしたLighthouse(ライトハウス)とPageSpeed(ページスピード)の監査に基づいていて、独自のサイト評価の「パフォーマンスチェック項目」となっています。

Written by Joseph Wynn

 

LighthouseとPageSpeedのサイト評価の結果は、個別のテストの結果が上部に表示されるだけでなく、サイト内のすべてのURLの照合結果も表示されます。

ダッシュボードの上部には、サイト内のすべてのURLの平均スコアが表示されます。 スコアゲージの下部には、選択したスコアの個別の監査が表示されます。さらカテゴリーの見出しをクリックすれば、これらの監査を並べ替えすることができます。

 

インパクトスコアによる並べ替え

監査は、インパクトスコア(監査の影響を受けるすべてのURLにわたる平均的なインパクトスコア)によって並べ替えることができます。 最初はデフォルトの整列方法となっています。LighthouseまたはPageSpeedによって、より重要と思われる項目を選択するのに役立ちます。

 

影響を受けるURL数による並べ替え

また、「Synthetic Impact(合成インパクト)」によって並べ替えることもできます。個々の監査の影響を受けるSpeedCurve URLのパーセンテージから計算されます。これにより、多数のページに影響するパフォーマンスの改善方法をすばやく突き止めることができます。

RUMページビューによる並べ替え

LUXはSpeedCurveのReal User Monitoring(RUM)サービスです。LUXのお客様は、LUX Impactに基づいて並べ替えを行うことができます。 これは、監査されたURLから成るLUXページビューのパーセンテージから計算されます。 この世でユーザーに最も大きな影響を及ぼす監査を選び出すことができるため、この機能に特に期待をしています。

さらにドリルダウンする

いずれの監査も展開して、どのURLが影響を受けているかを正確に確認できます。 ページラベルをクリックすると、そのURLの最新のテスト結果が表示されます。

 

“LUX Impact”の横に感嘆符(!)が表示されるのはなぜですか?

「LUX Impact」列の見出しの横に赤い感嘆符が表示された場合は、SpeedCurveがLUXラベルを合成ラベルに一致させることができまなかったことを意味します。

これは通常、ページにLUX.labelを設定していない場合、またはすべてのページに対して合成テストを実行していない場合に発生します。 これを修正するには2つの方法があります:

 

 1.可能な限り多くのページを合成設定に追加する

 SpeedCurveは、できるだけ多くのページをテストすることで最大の効果を得ます。あらゆる種類のページの少なくとも1つはテストすることをお勧めします。 例:ホーム、製品、カテゴリ、記事、ログインなど

 2.すべてのページにLUX.labelを設定する

デフォルトでは、LUXはページタイトル(document.title)をページビューのラベルとして使用します。LUX.labelプロパティでラベルを設定することにより、この動作を無効にすることができます。 最良の結果を得るには、これらのラベルがSpeedCurve合成設定のラベルと一致する必要があります。

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA