モバイルファーストで始める新しいWeb構築方法 「タブレット・リニューアル」のご案内

スマートフォン向けサイト変換サービス「モビファイ」を提供する株式会社ドーモ(東京・中央区 代表 占部雅一 以下、ドーモ)では、新しいWeb構築方法として、PCサイト中心ではなく、モバイルファーストで設計する「タブレット・リニューアル」を提供・開始いたします。

従来のWeb構築は、PCを中心に行ってきました。一方、タブレット・リニューアルは、モバイルファーストを前提に、タブレットを基盤サイトとして設計し、それを土台にスマートフォンサイト、およびPCサイトにワンソース・マルチデバイスで展開する方法です。この方法により、情報整理の効率化、テンプレート数の削減、コストの削減が実現できます。加えて、しっかりとした構造化によるSEO対策、無駄なコンテンツの整理、ひいてはユーザーベネフィットにつながります。

ドーモでは、ワンソース・マルチデバイスはもちろん、高速表示の実現など、Google推奨のモビファイ・プラットフォームを駆使しながら、低コストで使いやすいマルチスクリーンサイトの提供を目指していきます。
 
 

講談社様 with onlineの例
20141110リリース

弊社実績のwith online(講談社)、ソフィーナ(花王)をはじめ、他の事例では、MSN、キヤノン、たまひよ(ベネッセ)などで、タブレットファーストによる構築が始まっています。
 
 

モバイルファーストとは?
米国のUI/UXデザイナーのルーク・ウロブロスキー氏が提唱した、Webのあり方の概念。PCとモバイルの普及率・アクセス比率の逆転以前から、「モバイルファースト」の設計では、モバイルを中心としたコンテンツの整理、機能の使い分けが求められてきました。また、Googleが提唱したように、二者択一のデバイス利用ではなく、ユーザーが各デバイスを使い分けながら利用する形態が明らかになっており、新しいWebのあり方が求められてきています。
 
 

さまざまなメリット
20141110リリース2_1

メリットとして、テンプレート数削減による、工数、工期、コストの削減。また向上策としては、ユーザーベネフィットを考えたWebサイト本来の目的の吟味、コンテンツ整理、seo対策などが考えられます。
 
 

【12月3日(水)16:30~セミナー開催】
「今度もPCが主軸?次世代Webなら、タブレットリニューアルで!」

・特別ゲスト 増井達巳氏(合同会社フォース 代表)
・キヤノンサイト、講談社with onlineのWebリニューアルを紹介

▼詳細・お申し込みはこちら
https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=rit-qiris-325846b9fe4c1edd26f506274367f8c5

■モビファイとは?
「モビファイ」はPC・スマートフォン・タブレットなどのデバイスにおいて、同一URL、つまりOne Webで運用可能なマルチスクリーン対応のサービスです。同一URLのメリット(SEO対策、ソーシャルによる拡散・流入施策の上でも有利)に加えて、コンテンツ表示スピードの速さ、フレキシブルなUIデザイン、タブレットデバイスへの対応などが評価されています。

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社ドーモ
ビジネスソリューション部
担当:税所(さいしょ)、山崎
mail:[email protected]
Tel:03-6228-4616