etc その他

 
その他スマホ学び

受験勉強でスマホをフル活用!! いまどき中高生のスゴ技とは!?

・スマホをフル活用して、効率的に受験勉強をする中高生が増加中。
・学習アプリや、LINE、YouTubeの活用で、いまどきならではのスゴ技が!
・社会人も応用して使えるスマホ連動文房具など、たっぷりご紹介します。

2月といえば、受験シーズンまっただ中。

受験生にスマホなんて邪魔なだけ!  と、大人は考えがちですが、いまどきの中高生は、スマホを受験勉強にフル活用しているらしいですよ!

ということで今回は、受験生にとって王道のスマホの使い方や、「なるほど!」と感心する、スマホ連動商品を紹介したいと思います。
※受験生はこのサイトは見ていないと思いますが…受験生世代がターゲットとなるサービスを作っている方には、何かの参考になるかもしれません。

受験勉強の「王道」活用法。
まずは、学習アプリでしょう!

「スマホで受験勉強」

というキーワードから、まず思い付くのは、「王道」の学習アプリでしょうか。

App StoreやGoogle Playで「受験勉強」と検索すれば、多数のアプリがヒットします。

まとめサイトにもまとまっているので、こちらをどうぞ。
スマホで受験勉強!お役立ちアプリまとめ – NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/m/odai/2137390594373514101

「このアプリひとつあれば完璧!」

という感じではなく、英単語や日本史・世界史など、ピンポイントで使えるものが目につきますね。

ゲームテイストを取り入れるなど、飽きさせない工夫は必須のようです。そうでないと、飽きっぽい中高生たちは、すぐにアプリを削除しちゃいますよね。

また、受験に特化したカレンダーやスケジュール管理アプリも人気です。

どこまで勉強が進んだかをチェックしたり、友達と共有したりするようです。

そのほか、新聞社や出版社が展開する有料サービスも多数あります。

自分に合ったアプリやサービスを探すのは、少し大変かもしれません。
でも、いまどきの受験生は、いろんな方法で勉強できて楽しそうですね……。
単語帳って、まだ売っているのかなあ~。

それにしても、あの「赤本」、そう、大学受験に必須の学校、学部別問題集が、なんとアプリを出しているなんて!!!

確かに昨今、大学入試に導入された英語のリスニングは、紙では無理。アプリ化は必然ともいえそうです。

ついに登場!アプリで赤本 – 数学社
https://akahon.net/cl/

LINEが、YouTubeが、受験勉強をがっちりサポート!

わざわざ、新たに学習アプリをダウンロードしなくてもいい、スマホ勉強法もあります。ふだん使っているサービスを、うまく勉強に取り入れているようです。

「YouTube」の授業動画で勉強!!

先日、ぼーっとテレビを見ていたら、

「受験生は、YouTubeで授業動画を見ながら勉強している」

と紹介されていました。なんですと?

確かに、いまどきの中高生であれば、YouTubeアプリはすでにスマホにダウンロードしているはず。

無料ですし、いつものアプリで勉強できるって、手軽でいいですよね。

最近、いろいろなテレビ番組で紹介されているのが、(なぜか)クマの着ぐるみを着た「さかぽん先生」の授業動画。

小中学生の数学と英語の授業がメインで、「高校入試対策」の特別授業もあります。

⇒「さかぽん先生」のYouTubeでの検索結果はこちら

「LINE英語通訳」を辞書代わりに

中高生の必須アプリといえば「LINE」ですよね。

その公式アカウントに「LINE英語通訳」があります。まずはお友達になりましょう。

そして、友達にLINEメッセージを送るように、日本語か英語を送ると……日英翻訳をしてくれるのです。

それを、いまどきの受験生は辞書代わりに使っているとのこと。

文章になってしまうと翻訳はビミョーですが……。単語の意味を知りたい場合は便利です。わざわざ辞書アプリをダウンロードしなくてもいいですし、ブラウザを開いて検索する必要もありません。

いつも友達としているように、送るだけ!

ストレスなく使えるのがいいですね。

ちなみに、英語以外にも、中国語と韓国語翻訳のアカウントもあります。

受験生でなくとも、ふだんからLINEを使っている方は、友達になっておいて損はないでしょう!

もう色付きシートはいらない!スマホ連動の文房具で暗記もラクラク

最近、スマホと連携できる文房具が流行っていますが、受験生にとって素晴らしい商品がありました!! これです!!
スマホ対応マーカー「アンキスナップ」
http://www.ankisnap.jp/

まず、暗記したい箇所にオレンジ色のマーカーでマーキング。

次に、そのページを専用アプリで撮影。

すると、マークした部分が黒く塗りつぶされた状態で、スマホに取り込まれます。

そしてなんと! その部分をタップするだけで、塗りつぶされたマークが外れたり、再びマークされたりするんです。すごい!!

問題集の上に置いた色付きシートを、いちいちずらしながらチェックしなくてもいい! ワンタップでできるなら、暗記もサクサク進みそうです!!

取り込む手間は多少かかるかもしれませんが、本やノートを持ち歩く必要がないのがいいですよね。

ちなみに、社会人のみなさんには、水色のマーカーがおすすめ。アプリで撮影すると、マーカーで囲んだ部分だけ取り込めるので、スクラップできて便利です。

資料の必要な部分だけデータ化、ということも簡単にできます。

ところで、スマホとは関係ありませんが…受験生向けのお菓子や食品が、今年もたくさん出ています。

キットカットは有名ですが、いまはいろいろあるんですねぇ。

オヤジギャグ的なネーミングが多いのが気になりますが…。

【受験生必見】2015年合格祈願お菓子が今年も目白押し – NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2141755953893400101

数年前は、商品にスマホをかざすと、受験生に向けた応援歌が聴けたり、キャラクターが合格祈願をしてくれたりと、AR機能を使ったスマホ連動商品もあったのですが、今年は残念ながら見あたらないようです。

スマホを使った受験生応援企画、来年は何か生まれるといいなー(いやいや、自分で企画しよっかなー?)。

まとめ・スマホの学習サポートは、受験勉強の救世主だ!

結論! スマホの学習サポートは、素晴らしい!
何よりお手軽で、効率的。単語帳は、消え去る運命確定か……。
ただ、勉強で難しいところは、地道な基礎と、華麗なる応用。
そんな力まで伸ばしてくれる学習アプリやサポート機能、もっともっとスマホで生まれたらいいな~♪

この記事を書いた人


モバイルラボ 編集部
ヨコハマ・モバイルラボとは? モバイルならではの表現ってなんだろう? 一瞬のひらめきや感動は手のひらから始まっています。 新しいクリエイティブのカタチをここから探してみましょう。
タグ

記事mobifyロゴ
Mobify(モビファイ)とは

Googleが認定しているマルチスクリーン対応のための最適化サービス。
デバイスに応じ、専用にデザインされたサイトを表示することができます。
ページの表示を高速化させる仕組みも持ち合せており、ユーザーの離脱を防ぐことが可能です。

▸Mobify(モビファイ)についてさらに詳しく

 最新記事