Business 仕事

 
仕事学び

女性クリエイターとして活躍する!家庭と仕事を両立させた働き方

「家庭と仕事、どちらも諦めたくない!」
でも、制度や職場環境が追い付かず現実は厳しい…このような話をよく耳にします。
結婚や出産育児、夫の転勤など、ライフイベントの変化にも柔軟に対応できる働き方ってあるのでしょうか?

今回は女性のワークライフバランスを重視した働き方について紹介します。

女性・PC

ワークライフバランスとは?

ワークライフバランスとは、仕事とプライベートとの調和を意味する言葉です。

ワーク・ライフ・バランスとは、「仕事と生活の調和」と訳され、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指す。

wikipedia参照(2015.10.11時点)

今では大企業はもちろん中小企業でも、育休制度、時短、保育室の整備や補助など、女性の働く環境は整ってきてはいますが、育児と仕事の両立が難しく、出産後退職する女性の方も増えてきているようです。

出産前有職者に係る第1子出産前後での就業状況出産前後就業状況

グラフ出典:マイナビクリエイター

・子育てに専念したい
・職場の出産・子育て支援制度が不十分
・法的には派遣や契約社員など非正規社員でも育休をとれるが、現状は取得が難しい

そこで、企業に属さず在宅やフリーランスといった働き方も選択肢として出てくると思います。

在宅・フリーランスとして活躍できる仕事って?

在宅やフリーランスで活躍できる仕事としてはデザイン・IT系、ライティングなどの仕事が多いです。

クラウドワークス、ランサーズといったクラウドソーシングサービスもが多くありますので、昔に比べ仕事がしやすくなったと思います。
特に、Webデザインは未経験からでもチャレンジできると人気があります。

私自身も20代の頃、結婚・出産などライフイベントによる働く環境の変化に備え、いつでもどこでも仕事ができる「Webデザイン」を勉強した一人です。
(結局20代のうちにその機会は訪れず、がっつり営業職として働いてましたが…)

なぜWeb業界だったかというと、時間や場所を選ばずいつでもどこでも仕事ができ、働き方の選択肢が多いということと、常に人材不足で、フリーランスで受けられる仕事が豊富にありそうだったからです。

未経験でもWebデザイナーになるには?

最も効率的に学べる方法は、カリキュラムがきちんと組んであるWebスクールで学ぶことです。
現役クリエイター講師から最新のトレンドを教えてもらえたり、受講生同士の交流もあるので情報収集にもなります。
OJTがあるスクールでは、在学中から仕事ができる場合もあるので、サポート体制がどこまで充実しているかがスクール選びのポイントです。

 

いかがでしたか?
ライフイベントに振り回されることなく、自分らしく働ける環境を創りだすヒントになれば幸いです。

タグ

自分を変えるチャンス、チャレンジするタイミングです。
始めてみるなら、未経験からでもWebデザイナーや動画クリエイターのプロを
目指せるスクールがデジハリのスタジオ横浜です。!
 最新記事