Business 仕事

 
仕事

憧れの仕事丸わかりシリーズその5 映像クリエイターは誰でもなれる?

Web業界では、数年前から「動画の時代」と言われています。
広告としての動画に限らず、「新商品の使い方」「〇〇料理の作り方」など、Webサイトで動画を使って紹介することで、集客力もアップすると言われています。

今、大注目されている、映像クリエイター。

気になる仕事内容や収入、映像クリエイターになる方法などを、デジタルハリウッド横浜校のネット動画クリエイター専攻トレーナー、高橋遼さんのコメントと共にご紹介します。


■コメント・高橋遼さん プロフィール
最先端技術からアナログ技術を結ぶクリエイティブを提案。朝日新聞AR広告プロジェクト、スターバックス・コーヒージャパン 「清川あさみコラボキャンペーン」、HISプロモーションJリーグ様「ヤマザキナビスコカップ2012ARプロモーション」等、多数のプロモーションを手がける。サンシャイン水族館「ペンギンナビ」では、カンヌライオンズ(旧:カンヌ広告祭)での最高賞のゴールドなど、受賞歴多数。

業界未経験でもOK? 必要なスキルとは?
映像クリエイターに向いている人
映像クリエイターにセンスは必要?

業界未経験でもOK? 必要なスキルとは?

映像クリエイターは、業界未経験でもなれる仕事です。

比較的、新しいジャンルの仕事であること、今、企業がこぞって動画を作ろうとしているため、案件が多く、成長産業であることから、未経験から参入する人は増えていると言えるでしょう。

趣味で作っていた人の動画が企業の目にとまり、動画クリエイターとして活動を始めることもあります。

また、動画制作関連の求人も増加傾向にあります。

まさに、動画制作の勉強を始めるのに、ぴったりのタイミング!

それには、基本的な知識や技術が必要です。必要最低限のことさえ身に付けておけば、この成長産業にデビューすることが可能です。

カメラやライティング、編集ソフトの扱い方など、基本的なスキルは必須となります。

映像クリエイターに向いている人

映像クリエイターとして仕事をするには、アマチュアとの違いをまず確認しておきましょう。

アマチュア、たとえば趣味で動画を作ってネットに上げている人の場合、「自分の好きなものを、好きに作っている」と言えます。

しかし、プロは違います。
クライアントから依頼された案件の目的、ターゲットなどを理解するところから始まります。

たとえば、企業が就活性向けに、会社紹介の動画をつくりたいのであれば、主に大学生がターゲットとなり、会社の働きやすさ、職場の雰囲気などをアピールする動画をつくることになります。

この場合、美しく、芸術的な動画にしては、いけませんよね。

ですから、クライアントや、一緒に動画づくりをするメンバーと、コミュニケーションをとる必要があります。

「コミュニケーションが取れる人」は、向いていると言えるでしょう。

また、映像は「表現」でもありますが、企業の意図、目的を「伝える」ものでもあります。

映像を通して、企業の目的を世の中に「伝える役目」と考えられる人が、向いています。

ですから、アートを追及するようなタイプではなく、広報活動、マーケティング、販売促進などに興味がある人のほうが、向いていると言えそうです。

でも、いちばんの適性は、「映像をつくるのが好きなこと」だと言えるでしょう。

映像クリエイターにセンスは必要?

「クリエイター」と名のつく職業になるには? と考えたとき、多くの人が気になるのが、

「センスは必要?」

ではないでしょうか。

答えは……。

「最初からは必要ない」

と思われます。

誰もが、映像を初めてつくるときは、初心者です。
最初からうまくいく人は、いるかもしれませんが、圧倒的に少ないでしょう。

ファッションやインテリアのセンスがあるから、映像づくりのセンスがあるかというと、違うでしょう。

映像作りのセンスは、やりながら身に付くものですから、「自分はセンスがないから」と諦めることはまったくありません。

dummy
髙橋さん

映像クリエイターは、クライアントと打ち合わせを繰り返し、多くのクリエイターたちと協力して作品を作り上げる仕事ですから、コミュニケーション能力は絶対に必要な仕事です。

さらに編集作業では、長い時間をかけて、コツコツと作業を続ける根気もいるので、やはり「動画づくりが好き」「いい作品をつくりあげたい」という思いが大切なのだと思います。

センスについては、多少は必要かなとも思いますが、何よりも経験がセンスを磨いていくものだと考えています。たくさんの映像作りに関わることで、

「こんな表現方法もあるんだ」

「こういう撮り方もできるんだな」

と、自分の引き出しを増やしていく感じです。

案件ごとに、引き出しの中身を組み合わせて、最高のものを作り出すのがセンスではないかと思いますね。

また、映像クリエイターは、日々勉強だとも感じます。

世界中の動画を見て、最近の流行を把握したり、新しい表現方法を学んだり。町を歩いていても、広告や看板、ポスター、すべてが勉強です。

いいものがあれば、あらゆるものから取り入れて、自分の仕事に活かします。そういうことを日々続けることが、センスを磨くということではないかなと思います。

この記事を書いた人


モバイルラボ 編集部
ヨコハマ・モバイルラボとは? モバイルならではの表現ってなんだろう? 一瞬のひらめきや感動は手のひらから始まっています。 新しいクリエイティブのカタチをここから探してみましょう。
タグ

自分を変えるチャンス、チャレンジするタイミングです。
始めてみるなら、未経験からでもWebデザイナーや動画クリエイターのプロを
目指せるスクールがデジハリのスタジオ横浜です。!
 最新記事