Mobify サポート

サポートに問い合わせる

iOS8対応にともなうプログラム更新について

9月18日にお伝えいたしました、Apple社iOS8リリースにおけるSafariのバグについて、Mobify社において、この問題を解決するためのプログラム対応が完了いたしましたので、お知らせいたします。

iOS8におけるSafariブラウザのViewport設定の仕様変更が今回の不具合の原因となります。Mobifyだけで起きる現象とは限らず、Mobify以外のモバイルサイトを制作されている場合でも念のため確認することを推奨いたします。

===========================
【バグの内容】
・スクロールダウン:サイトアクセス時もしくはサイト内ページ遷移をした際に、約1画面分スクロールした状態で表示される場合がある。
===========================

上記不具合に対応したMobify Client バージョン0.3.38をリリースいたしましたので、最新のバージョンのMobify Clientにアップデートをおこなってください。

※Mobify Clientのアップデートにあたり、現在公開している構成ファイル(Bundle)の再公開(Publish)が必要となります。

最新バージョンのアップデート方法は以下の通りです。

===========================

■Mobify Clientのアップデート

現在ローカルにインストールされている古いMobify Clientをアンインストールのうえ、Mobify Client0.3.38にアップデートします。
開発環境がMac/Linuxの場合はターミナル、Windowsの場合はコマンドプロンプトからアップデートをおこなってください。

1:古いMobify Clientのアンインストール
▼アンインストールコマンド

※Mac/Linux環境の場合は、スーパーユーザーでアンインストールするので、sudoを入れてください

2:最新のMobify Client(0.3.38)のインストール
▼インストールコマンド

※Mac/Linux環境の場合

3:アップデートしたMobify Clientのバージョン確認
▼バージョン確認コマンド

【確認】
バージョンがMobify Client 0.3.38以上になっていればバグfix版です。

4:アップデートするプロジェクトのログイン
Save your credentials のプロジェクトログインキーを実行し、Mobifyにログイン

5:バンドルのアップロード
現在公開中のBundleをダウンロードして、展開したファイルをバンドルアップしてください。
(構築中であれば構築中の最新バンドル)

6:テスト確認
管理画面からPreviewでアップしたバンドルを確認

(現在、一度も公開をおこなっておらず、構築中の場合はここまで)

7:バンドルの公開
管理画面からPublishingから公開(Publish)

8:公開したサイトを実機で確認

===========================
10月3日 カナダ・Mobify社/株式会社ドーモ

この問題に関するお問い合わせ先:[email protected]

解決しましたか?
ありがとうございました。 << サポートトップに戻る
どのような問題をお持ちですか?

解決しない場合は、サポートにお問い合せください。
担当スタッフよりご連絡させていただきます。

サポートに問い合わせる

関連するご質問