Web marketing webマーケティング

 
調査・データwebマーケティング

企画書・資料作成時に役立つ統計データが見つかる!調査サイト10選

research
 
クライアントへ提案する際の企画書に「ユーザーニーズをとらえた統計データを使いたい!」ってことありますよね。
そんなときに参考になる調査データサイトをまとめました。

国の公的調査データ

一度はチェックされたことがあるのではないでしょうか。ニュースなどにも取り上げられるデータがいっぱい。
企画書に使わずとも、世の中の動向を知る上で、たまにはチェックしたいですね。

総務省統計局
http://www.stat.go.jp/data/
経済産業省
http://www.meti.go.jp/statistics/

調査データをまとめたサイト

調査のチカラ

インターネット上に公開されている調査データ情報を集約したまとめサイトです。
「モバイル」「デジタル家電」といったカテゴリに分かれているのでとても見やすく、私もよく利用しています。

http://chosa.itmedia.co.jp/

レポセン

こちらも各調査会社が掲載したマーケティングリサーチレポートをまとめたサイトです。
会員登録をすれば、データをダウンロードできるようになります。ダウンロードには有料のものもありますが、一部無料のものもあります。

http://reposen.jp/

調査機関のサイト

MMD研究所

モバイルに特化した調査研究機関です。
携帯キャリアの満足度、携帯端末のシェア、モバイルコンテンツ市場動向、モバイルコマース調査など、モバイルラボ読者ならチェックしたいデータがいっぱいです。

https://mmdlabo.jp/investigation/

ニールセン

アメリカ、ニューヨークに本部がある消費者分析会社です。
本サイトでもよくデータをご紹介していますね。
デジタル大国、アメリカのデータも閲覧できるのがうれしいところです。

http://www.netratings.co.jp/news_release/smart_phone/

矢野経済研究所

市場調査分析・事業戦略コンサルティングを行っている会社です。サマリーだけは無料閲覧することができます。

http://www.yano.co.jp/press/index.php

マクロミル

市場調査会社の大手「マクロミル」。
携帯電話だけでなく、さまざまなカテゴリの一部のデータを公開しています。

http://www.macromill.com/r_data/category.html

生活総研ONLINE

博報堂生活総合研究所が、1992年から隔年で定点観測した調査データを無償で公開しています。

http://seikatsusoken.jp/teiten2014/

M1、F1総研

消費にアクティブでトレンドをひっぱるといわれている20~34歳男女・M1・F1層のデータを分析している会社です。

http://m1f1.jp/?cat=9

調査データを活用して説得力のある企画書を作りましょう!

調査データの数字を読み込んで、企画書や提案書に役立てたいところです。
もちろん公開データを引用する際には、出典元を明記するなど、各サイト・機関の利用規約やルールに則るように注意してください。

タグ

記事mobifyロゴ
Mobify(モビファイ)とは

Googleが認定しているマルチスクリーン対応のための最適化サービス。
デバイスに応じ、専用にデザインされたサイトを表示することができます。
ページの表示を高速化させる仕組みも持ち合せており、ユーザーの離脱を防ぐことが可能です。

▸Mobify(モビファイ)についてさらに詳しく

 最新記事