Smartphone スマホ

 
スマホタブレット

【今さら聞けない・・・】位置情報の精度が上がったらどうなる?

IMG_0810_1
初めて訪れる場所の道がわからなくなり、iPhoneでGoogleマップを起動した時のことです。屋内にいるわけでもないのに、歩いても歩いても自分の位置が変わらず、結局目的地に辿りつけない……ということがありました。

そもそも、スマホでどうやって位置情報を取得しているのでしょう?みなさまはご存知ですか? 私は詳しく知らなかったので、今回調べてみることにしました。

スマホやタブレットはどうやって位置情報を取得している?

a0002_004912
最近では位置情報の取得方法も複雑になってきているようですが、基本的にはどのOSも下記の3つを組み合わせて現在位置を取得し、精度を高めるように動作しているそうです。

(1)GPS(全地球測位システム)
(2)セルID(携帯電話基地局の電波を利用して取得)
(3)Wi-Fi(無線LAN)

携帯電話やスマホ端末のGPSは、現在地に近い携帯電話基地局にアクセスして位置情報を割り出しているため、携帯電話の電波が弱いところでは正確な位置情報を取得できません。それをカバーするのに重要になってくるのが(3)のWi-Fiなのです。

Wi-Fiに接続していないのに、位置情報を取得できる理由

IMG_0813
(1)のGPSや(2)のセルIDは、自身が位置情報を持っています。しかし、Wi-Fiは機器がどこに設置されているのかわからないため、個々のWi-Fi機器と位置情報をリンクさせる仕組みが別途必要です。

Googleやアップル、その他の位置情報や地図に関するサービスの提供者は、無線LAN(Wi-Fi)アクセスポイントからの『パブリックWi-Fi情報』を収集して、アクセスポイント機器につけられたネットワーク上の識別アドレス(MACアドレス)と実際の住所・位置情報を紐付けた位置情報データベースを構築しています。

一方、端末側はWi-Fiに接続していなくても、Wi-Fiがオンになれば、Wi-Fiの電波がある以上勝手に交信し始めます。各アクセスポイントから送信される位置情報と携帯電話基地局からの位置情報を組み合わせることで、より精度の高い位置検出が可能になるのです。

これが、「Wi-Fiをオンにすると位置情報の精度が上がる」仕組みです。

まとめ

これまで「位置情報=GPS」だと思っていた私ですが、普段、何気なく使うWi-Fiが、位置情報の取得に大きく関係していることが今回初めてわかりました。

自分が今いる場所を確認できることはもちろん、天気予報や乗換案内、ゲームやクーポンなどの入手ツールにもとても有効な位置情報。上手にオンとオフを使い分ければ、もっと便利で快適なスマホライフが送れるようになりそうです!

この記事を書いた人
松本 のぞみ
タグ

記事mobifyロゴ
Mobify(モビファイ)とは

Googleが認定しているマルチスクリーン対応のための最適化サービス。
デバイスに応じ、専用にデザインされたサイトを表示することができます。
ページの表示を高速化させる仕組みも持ち合せており、ユーザーの離脱を防ぐことが可能です。

▸Mobify(モビファイ)についてさらに詳しく

 最新記事